«前の日(10-12) 最新 次の日(10-14)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2004-10-13 この日を編集

鈴木祥子ソロライブ ”あたしの孤独の旅路〜SWEET WINTERING SONGS・featuring〜???"

先日 web から申し込みしておいた予約の費用を振り込んでおく。

ふむ、予想外

お仕事で、よくよく話を聞いてみると構成が事前に想像していたものと結構違う…ヒアリングしておいてよかった。

まぁ、これを形にするのはまた別の話なんですが。商用ソフトは色々なライセンス縛りがあって構成を考える際が面倒です。
誰だ、フリー/オープンソースは、商用と違ってライセンスの問題が色々手間がかかるとかいってたのは。こっちのほうがよっぽど手間だ…と単なる愚痴をこぼしながら作業。

ミステリもの買い込み。

森博嗣の「地球儀のスライス」と京極夏彦の「魍魎の匣」「鉄鼠の檻」を購入。

ここには記述を忘れているが、森博嗣は「全てがFになる」「冷たい密室と博士たち」「笑わない数学者」「夏のレプリカ」「私的詩的ジャック」「封印再度」「幻惑の死と使徒」「今はもうない」「有限と微小のパン」「まどろみ再度」と読んでいる。いずれも面白かった(夏のレプリカあたりはちょっと肌が合わなかったけど ;-)。楽しみのための読書、というのはいいものだ。


2007-10-13 この日を編集

最近の作業

JD for Linux
パッケージをアップロードしてもらいました。
依頼の際に指定した URI が間違っていたという恥ずかしい間違いもしましたが。)
VL ゴシック
fontconfig の方を NMU してもらって、9 days delay queue に突っ込んでもらいました。あと1週間もすれば unstable 入り。
TOMOYO Linux
ツールの方はパッケージング…しかし誰の反応もありません(笑) カーネルの方は dh-kpatches が肝かな。まだ man が無かったりするので ITP の準備だけしておこうかなぁ
あと、色々思う所がある (FHS!) ので ML で質問してます。
DSA 訳
一休みしていたので再開しておこうかな
debconf-po 訳
そろそろ手をつけないと…

kernel-patch-tomoyo

無事できた。ここに置いておく。

ちなみにパッケージ作成は基本的には難しい話ではなく、参考になるパッケージを見つけて真似すれば良いだけである。今回のやり方は apt-cache pkgnames kernel-patch として出てきたパッケージの一覧から適当なものを選んで apt-get source "package" して、それを参考にしただけ :-)
まぁ、簡単といいつつも1日ほどかかってるのは力量の問題です、はい。

ITP しようとしているが、upstream author の連絡先がいまいち判然としないのと、source package name か binary package name のどっちで出すのだったか不明なのでちょっとためらい。文章の雛形は出来たのでさらしておこう。おかしなところはやさしくツッコミよろしくね

   Package name: kernel-patch-tomoyo
        Version: 1.5.0-20070920
Upstream Author: 
            URL: http://tomoyo.sourceforge.jp/
        License: GPL
    Description: Lightweight and easy-use Mandatory Access Control extension for Linux
                 .
                 TOMOYO Linux is Lightweight and Usable Mandatory Access Control for Linux with
                  - "automatic policy configuring" feature by "LEARNING mode"
                  - administrators friendly policy language
                  - no need libselinux nor userland program modifications
                 .
                 TOMOYO Linux consists of patches to Linux kernel and administrative 
                 utilities, and this package contains kernel patch.
                 .
                 Homepage: http://tomoyo.sourceforge.jp/

追記。「うp、うp」という声を頂いたので、パッチを当てたカーネルパッケージ(2.6.22)も置いておきます。標準カーネルの構成だとビルドするのに3時間ぐらいかかるんですな。


2012-10-13 この日を編集


2014-10-13 この日を編集

waagent アップデートしようか

まてどくらせどアップデートがされないし、最初に入れ込む際にスポンサーしたし、なんとかしてあげたいなーと思ったのでアップデートをしようかと。NMUで。
んで、最新のupstreamにアップデートして色々調整調整、最新のポリシーにも合わせて、と。

で、同じソースからUbuntuではwalinuxagentという別パッケージを作っている(多分彼らがCanonicalとしてAzureをサポートしたいので、waagentがDebianから流れてくるのはコントロールできなくて困るんだろう)ので、ソースを参考にして色々やろう、と。

まずはpatchを見てみたら、いくつか修正と調整が入っていた。修正はなぜかupstreamに投げてないので代わりにpull requestしておいたら速攻マージされた

あとはcloud-init関連かー…背景が良く分かって無いのでどうするのが良いかは分かってない。これから調査。

...ということで調べた。
Ubuntuはcloud-initを使って各種クラウドイメージを平行して作成している
→provisioning機能が被っちゃうのでどっちかを無効にしないとレースコンディションになる
→walinuxagent側のを消してる
という流れか…

分からなくはないけど、毎回upstreamのにパッチを当てるという解はbestじゃないような。できればcloud-initが存在したらwaagentのdeprovisioningは終了する、という方がいいんじゃないかね。