«前の日(11-22) 最新 次の日(11-24)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2004-11-23 この日を編集

mixi の画像を変えてみる

丸くなった政宗 ひさびさにデスクトップマシンに電源を入れてみたら、前に撮った画像を見付けたので差し替えてみる。

trac

開発元が作った deb パッケージをとりあえず入れてみた。ふむ、先に svn repository 作らないとダメなのね。

$ mkdir -p /home/henrich/svnroot/trac
$ svnadmin create /home/henrich/svnroot/trac
$ mkdir -p /home/henrich/trac
$ tracadmin /home/henrich/trac initenv
...

で、httpd.conf な設定をしてやって参照できるように。

wiki が基本か。ふーむ、「放り込む」という考えとはちょっと違うような。
あまり良くない点としては添付ファイルの削除ができないところか。 ページが英語ばっかりなのも自分には辛げだな(苦笑)

とりあえず、一旦削除した。


2006-11-23 この日を編集

BSP

バグ潰しというか、逆に増やす方向で作業 (po-debconf 訳は作業後バグ登録するので逆に増える)。

ぐは、reportbug ツールで bugs.debian.org に投げたのに、作業していた所の IP が Spamhaus に登録されていて reject されている。しかもエラーメールが返るはずがホスト名が localhost となっていてこれまた reject でどこかへ消えました。

仕方がないのでメールとして送って再登録。10個程バグを増やす。

apt-listchanges

The following packages will be upgraded:
  info python-central
2 packages upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
Need to get 0B/196kB of archives. After unpacking 0B will be used.
Do you want to continue? [Y/n/?] y
Writing extended state information... Done
Traceback (most recent call last):
  File "/usr/bin/apt-listchanges", line 215, in ?
    main()
  File "/usr/bin/apt-listchanges", line 95, in main
    frontend.update_progress()
  File "/usr/share/apt-listchanges/apt_listchanges.py", line 410, in update_progress
    line = _("Reading changelogs") + "... %d%%" % (self.progress * 100 / self.packages)
  File "/usr/lib/python2.4/gettext.py", line 353, in lgettext
    return tmsg.encode(locale.getpreferredencoding())
UnicodeEncodeError: 'ascii' codec can't encode characters in position 10-16: ordinal not in range(128)

ふむ。windows から ssh でつないでいるときは見ないな。なんだろ、環境変数回りなんだろか。あとで忘れないようにメモ。


2007-11-23 この日を編集

結婚式出席

お招きを受けたので関根さんの結婚式に出席。テンパリながら受付などする。

奥様が大変「漢らしい」方でそこに惚れたというのが微笑ましい :-)


2008-11-23 この日を編集

d-i RC1 試す & カーネルアップグレードで不具合

不具合が1点見つかった。graphical install の advanced なインストールで automated 選ぶと、メニューが部分的にしか日本語にならない。

やたらとパーティション作成部分で時間がかかったのは LVM + 暗号化を試しに選んだ所で、暗号化の前のディスク消去にやたらと頑張ってくれたせいである模様。200GB に数時間とか…いや、ハングアップしてるかと思ったよ。

インストール後にさらに不具合。というか、dist-upgrade したら、新しいカーネルの initrd がまともなものになっていない。暗号化されたパーティションをマウントできません!

Loading, please wait...
  Volume group "babytalk" not found
  Volume group "babytalk" not found
Enter passphrase to unlock the disk /dev/sda2 (sda2_crypt):
key slot 0 unlocked.
Command successful.
cryptsetup: failed to setup lvm device
Gave up waiting for root device.    Common  problems:
 - Boot args (cat /proc/cmdline)
   - Check rootdelay= (did the system wait long enough?)
   - Check root= (did the system wait for the right device?)
 - Missing modules (cat /proc/modules; ls /dev)
ALERT! /dev/mapper/babytalk-root does not exist. Dropping to a shell!

古い initrd (*.bak) を grub での起動時に指定して、起動した。が、新しいカーネルを入れるとどうもそちらのもダメ。うーん?

aptitude search 変だな

$ aptitude search thinkpad
$

は?

$ apt-cache search thinkpad
acpitool - command line ACPI client
acpitool-dbg - command line ACPI client (debug)
gkrellm-thinkbat - ThinkPad laptops battery status indicator for GKrellM
hdaps-utils - HDAPS (IBM Hard Drive Active Protection System) utilities
hdapsd - HDAPS daemon for IBM/Lenovo ThinkPads
kmilo - laptop special keys support for KDE
pidgin-blinklight - Blinks your ThinkPad's ThinkLight upon new messgaes
tleds - blinks keyboard LEDs for TX and RX network packets
tp-smapi-modules-2.6-486 - ThinkPad hardware/firmware access for Linux 2.6 on x86
tp-smapi-modules-2.6-686 - ThinkPad hardware/firmware access for Linux 2.6 on PPro/Celeron/PII/PIII/P4
tp-smapi-modules-2.6-686-bigmem - ThinkPad hardware/firmware access for Linux 2.6 on PPro/Celeron/PII/PIII/P4
tp-smapi-modules-2.6-amd64 - ThinkPad hardware/firmware access for Linux 2.6 on AMD64
(snip)

うひゃー??

ipafont の話。

吉岡さんの所から。

IPAフォントの評判がライセンスがオープンソースライセンス(debian的な意味で)でないので、debianにふくめることができなくて、苦労しているという話が出ていて

OSS ライセンスといった時点で OSI 定義なのでそこの用途を混乱してますね。

  • Debian 的なフリーソフトウェアではない (not DFSG-Free, non-free) ので取扱いが面倒ね
  • 「ライセンスの英文訳が提供されてない」ので苦労している

IPA フォントのパッケージ自体はもう作ってあるのですがねぇ…英語苦手。

追記:トラックバックに失敗したら、エントリが二重になった。失敗した時にはエントリ追記もしないか、なんかハッシュでもとって二重にならないような形になってほしいなー


2009-11-23 この日を編集

defoma regression 対処された

他のフォントも続々アップロードされている模様。

fontconfig Sans-serif にプロポーショナルフォントを適用した場合の見栄え

Virtualbox 起動したら、IPA Pゴシックだと VL Pゴシックと比較してあまりよろしくない… IPAPGothic
VLPGothic


2010-11-23 この日を編集

RC bug squash

autologパッケージはパッケージ的にはもっと直せると思う。


2014-11-23 この日を編集

最近のでびあん活動

  • groonga-normalizer-mysql-1.0.6 を NEW queue へ放り込んだ
  • SD2014/12号ラフ上げた
  • 事務処理メール書いた
  • パッケージは手つかず。

IDEAをビルドしてみた

商標がからむとIntelliJは名称に使わない方がいいのかね?

それはともかくソースを落としてビルドしてみた。antとopenjdk-7-jdkだけ適当に入れたらビルドできた…けれどこのソースめっちゃくちゃjarファイルが多いので、これを一つずつ解きほぐしていくと考えると大変気が遠くなる。