最新 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. takaya (07-22)
  2. Freeparis2 (07-21)
  3. kunipii (07-20)


2007-07-07 [長年日記] この日を編集

引っ越してみた

片付かない orz

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ mkouhei [引っ越して10ヶ月、私はもはや片付ける気がありません。->倉庫部屋と化した部屋。]


2007-07-11 [長年日記] この日を編集

大量の依存関係…。

henrich@hatchpotch:~$ sudo aptitude dist-upgrade
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
拡張状態情報を読み込んでいます
パッケージの状態を初期化しています... 完了
タスクの記述を読み込んでいます... 完了
タグのデータベースを構築しています... 完了
以下のパッケージが使われていないので削除されます:
  libcurl4-openssl
以下の新規パッケージが自動的にインストールされます:
  alien bc dbus dbus-x11 defoma fontconfig fontconfig-config hicolor-icon-theme libatk1.0-0 libatk1.0-data
  libaudio2 libbeecrypt6 libcairo2 libcupsys2 libcurl3 libdatrie0 libdbus-1-3 libfontconfig1 libft-perl
  libgl1-mesa-glide3 libglib2.0-0 libglib2.0-data libglide3 libglu1-mesa libgtk2.0-0 libgtk2.0-bin
  libgtk2.0-common liblcms1 libmng1 libmysqlclient15off libneon25 libpango1.0-0 libpango1.0-common
  libqt3-mt libqt4-core libqt4-gui libqt4-qt3support libqt4-sql librpm4 libsqlite0 libthai-data libthai0
  libttf2 libxcursor1 libxfixes3 libxft2 libxi6 libxinerama1 libxrandr2 libxrender1 libxxf86dga1
  libxxf86vm1 linux-image-2.6.21-2-686 lprng lsb lsb-core lsb-cxx lsb-desktop lsb-graphics lsb-qt4
  lsb-release mysql-common ncurses-term pax qt4-qtconfig rpm ttf-dejavu x-ttcidfont-conf
以下のパッケージが自動的に削除されます:
  modutils
以下の新規パッケージがインストールされます:
  alien bc dbus dbus-x11 defoma fontconfig fontconfig-config hicolor-icon-theme libatk1.0-0 libatk1.0-data
  libaudio2 libbeecrypt6 libcairo2 libcupsys2 libcurl3 libdatrie0 libdbus-1-3 libfontconfig1 libft-perl
  libgl1-mesa-glide3 libglib2.0-0 libglib2.0-data libglide3 libglu1-mesa libgtk2.0-0 libgtk2.0-bin
  libgtk2.0-common liblcms1 libmng1 libmysqlclient15off libneon25 libpango1.0-0 libpango1.0-common
  libqt3-mt libqt4-core libqt4-gui libqt4-qt3support libqt4-sql librpm4 libsqlite0 libthai-data libthai0
  libttf2 libxcursor1 libxfixes3 libxft2 libxi6 libxinerama1 libxrandr2 libxrender1 libxxf86dga1
  libxxf86vm1 linux-image-2.6.21-2-686 lprng lsb lsb-core lsb-cxx lsb-desktop lsb-graphics lsb-qt4
  lsb-release mysql-common ncurses-term pax qt4-qtconfig rpm ttf-dejavu x-ttcidfont-conf
以下のパッケージが削除されます:
  modutils
以下のパッケージが更新されます:
  apt apt-spy apt-utils aptitude curl libapt-pkg-perl linux-image-2.6-686 module-init-tools python-apt
以下のパッケージが推奨されていますがインストールされません:
  aptitude-doc-cs aptitude-doc-en aptitude-doc-fi aptitude-doc-fr
更新: 9 個、新規インストール: 68 個、削除: 2 個、保留: 0 個。
アーカイブ 57.9MB 中 34.7MB を取得する必要があります。展開後に 153MB のディスク領域が新たに消費されます。
続けますか? [Y/n/?] n

んー??libgtk2.0-0 libgtk2.0-bin libqt3-mt libqt4-core libqt4-gui libqt4-qt3support って???
カーネルのguiなconfigのため??

aptitude でたどっていって判明。
python-apt -> lsb-release -> lsb -> lsb-desktop -> 諸々、で依存しているらしい。。。迷惑な。

サポート期間

2007/6/18 のリリースより

With todays release of the CUPS bugfix/security fix update we have
released the last security update for SUSE Linux 9.3.
(snip)
SUSE Linux 9.3 was released begin of April 2005.

ここにもあるように SUSE Linux は 9.3 が 2005 年 4 月にリリースされ、2007 年 6 月に EOL となった。そして、Debian (Sarge) は 2005 年 6 月 6 日リリース、2008年4月までサポート予定…と比較すると、Debian の方がサポート期間長いんだな、これが。フリーのディストリビューションだとサポートが、とかゆーてる人、一般的なパッケージのセキュリティ修正だけ取り上げてみると、有償ディストリビューションの方が短かったりするのはどういうことかね?

まぁ、実際のサポートの迅速さとか、評価項目は別にもあるし、そっちのほうが重要かも(Turbolinux を見れば判るようにサポート期間が長いだけ、では意味が無い)。

dh_icons

debhelper (5.0.51) unstable; urgency=low
 
  * dh_icons: New program to update Freedesktop icon caches. Thanks
    to Josselin Mouette, Ross Burton, Jordi Mallach, and Loic Minier.
    Closes: #329460
  * Note that as a transitional measure, dh_icons will currently only update
    existing caches, and not create and new caches. Once everything is
    updating the icon caches, this will be changed. See #329460 for the full
    plan.

bug#329460か。


2007-07-13 [長年日記] この日を編集

へろへろ

昨日は完全にくたばった。今日は半分くたばり気味。

そんな訳で色々活動に滞りが。


2007-07-14 [長年日記] この日を編集

雑誌確認

Debian JP の書籍ページに追加するために書影を集めたりしていたらやたら時間が。こうして、特に役立たないことにも時間は過ぎていくのだった。


2007-07-17 [長年日記] この日を編集

web ページメンテナンス

今日も書籍情報ページなどをいじる。地味ーにこんな作業。

  • LW の書影利用許可が出たので画像表示
  • Unixuser.jp が他の人にとられてる。osmag.jp が今だと利用できる様子なのでこちらを利用
  • スポンサーページは VALinux のロゴが切れてたので、irc で尋ねたところ osdn へのリンクを示唆されたのでそちらへ

2007-07-19 [長年日記] この日を編集

Software Design 2007年8月号

Debian 特集ということでざっと見てみました。

記事中の画像で、キャプションが Debian JP Project のページとなっているのに、掲載されているのは http://www.debian.or.jp ではなく、http://www.debian.org のページ画像になっています。Debian JP Project の Web サイトをメンテナンスしている身としては嫌がらせかと叫びそうになったりしてちょっと悲しいです…。

あと、「Debianの基本操作を覚える」で内容が「基本コマンドのオプション説明」というのはどうなんでしょうか? 全然 Debian 関係無い様な…。どう見ても埋め草です、本当にありがとうございました。

「パッケージ管理ユーティリティ入門」も、そこまで細かな使い方を覚えてどーすんの、という印象。Etch になってすんなりインストール、という状態なので、パッケージをコマンドでガリガリ、というのは非常に少ないような。

もっと特定のシチュエーションでこんな感じで Debian だと出来ます。簡単でしょー?他にもこんなことやあんなことも出来たりしますよー、という話で構成して欲しかったですねぇ。

SD 2007年08月号追記ー

はい、ご指摘のとおり、訂正を入れていただきました。ツッコミ入れたその日のうちに作業していただきました。迅速な対応をしていただいた技術評論社のTさんに感謝(メールでもご対応頂き、その際にもこちらの思うところを勝手に述べさせていただきました :-)

まぁ、ちょっとと思う人が他にもいたということで私だけの感想でないと思いたいですね。他にも感想があれば聞いてみたい所です。逆にこの構成が良かった、という話もあれば、それも理由など確認してみたい。

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

Before...

_ kunipii [Etchをベースに研修のテキストを書こうとしているので(まだ研修相手はいないのですが)、こんなのがいいよ。というのが..]

_ Freeparis2 [http://www.gihyo.co.jp/magazines/SD/support/200708 一応訂正入っ..]

_ takaya [OSCで講師だったので,懇親会で疑惑のSDもらいました. うーん.確かにちょっとって感じの内容. パッケージの話は,..]


2007-07-27 [長年日記] この日を編集

思考実験をしてみましょう。

「作家にとって創作のインセンティブになるのは、作品が本として残ること。50年、100年後も作品を出版してくれる版元の期待に応えたい」
作家にとって創作のインセンティブになるのは、作品が本として残ること。
  1. この前提は普遍的なものであるか
  2. 作家にとって創作のインセンティブとして唯一のものであるか
  3. 唯一のものでないとしたら、どの程度高いものとして考えられるか
50年、100年後も作品を出版してくれる版元の期待に応えたい
  1. 版元が作品を出版するのはなぜか。「期待』しているのは何?
  2. 50年、100年後も作品を出版している例があるとしたら現行の著作権法では保護対象外となっているはずだが、それはなぜか
  3. 著作権法の保護があるにも関わらず、50年、100年経たないうちに絶版となる書籍があるのはなぜか
「保護期間が切れた途端に、心ない人によって思いもよらない形で作品が利用されることもある。本は、デザイナーや編集者とともに、手触りや書体など細部にまでこだわって作られる芸術作品であり、そこに作家として参加できることが創作活動におけるインセンティブだ。わたしにとっては紙に印刷された本という形であることが重要。それにパブリックドメインになれば、出版元がもうからない」
  1. 「本は、デザイナーや編集者とともに、手触りや書体など細部にまでこだわって作られる芸術作品であり、そこに作家として参加できることが創作活動におけるインセンティブだ。」-> 前半、真か偽か。後半、真か偽か。
  2. 「わたしにとっては紙に印刷された本という形であることが重要」-> 『全ての人にとっては』どのようなものと考えられるか
  3. 「パブリックドメインになれば、出版元がもうからない」-> 真か偽か

さて、上記の三田氏の発言とされるものをすべて肯定し、著作権が消滅しない世界を想像した上で、創作活動あるいは市場経済がどの様な物になるのかを検討してみてください。


2007-07-30 [長年日記] この日を編集

util-linux 問題篇

make[1]: Leaving directory `/tmp/util-linux-2.13~rc2'
touch build
 fakeroot debian/rules binary
test -f fdisk/fdisk.c -a -f debian/rules
test root = "`whoami`"
rm -rf debian/tmp*
install -d debian/tmp/{DEBIAN,bin,sbin,etc/init.d,usr/{bin,sbin,lib/mime/packages,share/{locale/{ca,cs,da,de,es,et,fi,fr,it,ja,nl,pt_BR,sl,sv,tr}/LC_MESSAGES,man/{man1,man8},info,util-linux,doc/util-linux/examples,lintian/overrides}}}
install -s sys-utils/arch text-utils/{more,tailf} sys-utils/dmesg  debian/tmp/bin
install: cannot stat `sys-utils/arch': No such file or directory
make: *** [binary-arch] Error 1
debuild: fatal error at line 1228:
fakeroot debian/rules binary failed

うーん??

henrich@stigma:/tmp/util-linux-2.13~rc2$ ls sys-utils/arch.*
sys-utils/arch.1  sys-utils/arch.c

???バイナリがない。

util-linux 解決篇

buildd の log を確認してみると、ずいぶんと出力が違う…はてな?と思ってぼんやりと眺めていると…

make[1]: Entering directory `/build/buildd/util-linux-2.13~rc2'
cd . && /bin/sh /build/buildd/util-linux-2.13~rc2/config/missing --run aclocal-1.10 -I m4
/build/buildd/util-linux-2.13~rc2/config/missing: line 54: aclocal-1.10: command not found
WARNING: `aclocal-1.10' is missing on your system.  You should only need it if
         you modified `acinclude.m4' or `configure.ac'.  You might want
         to install the `Automake' and `Perl' packages.  Grab them from
         any GNU archive site.
 cd . && /bin/sh /build/buildd/util-linux-2.13~rc2/config/missing --run automake-1.10 --foreign 
/build/buildd/util-linux-2.13~rc2/config/missing: line 54: automake-1.10: command not found
WARNING: `automake-1.10' is missing on your system.  You should only need it if
         you modified `Makefile.am', `acinclude.m4' or `configure.ac'.
         You might want to install the `Automake' and `Perl' packages.
         Grab them from any GNU archive site.
cd . && /bin/sh /build/buildd/util-linux-2.13~rc2/config/missing --run autoconf
/build/buildd/util-linux-2.13~rc2/config/missing: line 54: autoconf: command not found
WARNING: `autoconf' is missing on your system.  You should only need it if
         you modified `configure.ac'.  You might want to install the
         `Autoconf' and `GNU m4' packages.  Grab them from any GNU
         archive site.

なんだこりゃー!! aclocal,autoconf,automake が存在しない環境で は build して成功している。つまりは、各ファイルが作り直されない状態で無いとダメ、ということ?

で、pbuilder で build してみたらうまくいった。…うーん、これ良くないんじゃない?