最新 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. Henrich (10-05)
  2. kmuto (10-03)
  3. Henrich (10-03)


2009-09-01 [長年日記] この日を編集

doc-base は install script (postinst,prerm)で対応しなくてもいい

doc-base のマニュアルの記述が古いんですね。バグ報告されていました。debhelperの新しいバージョンでは処理される模様。

priority の修正

といってもパッケージの。サーバ側で上書きされているのをBTSして直してもらうのが楽になったので、不一致になっているのをいくつか。


2009-09-05 [長年日記] この日を編集

Applicant Manager が付きました

22歳か、若いのー。コンゴトモヨロシク

で、ID check を通過。db にはまだ反映されず。P&P で早くも大量の質問に圧倒されている自分。


2009-09-11 [長年日記] この日を編集


2009-09-14 [長年日記] この日を編集

俗: eclipse-l10n

sponsor してもらえそうです。よかったよかった。

少し ITP 減らしておかないとね


2009-09-17 [長年日記] この日を編集

ライセンス与太話

ふとしたことでProgression というソフトのライセンス条項について確認する機会があった。ちなみに自分はこのソフトについて全く知識がない。以下は問題にしたい訳ではなく(ざっと見でAdobe製品に依存した使い方みたいで、解決する労力と見合う有益性がなさそうなので…)、自分の理解を確認する意味でメモしておく

  • まず、GPL といいつつ、独自条項を付け加えようとしている点。これは GPL ではない別物になっている。必要であれば別のライセンスを策定すべきじゃないだろうか。
  • 「ソースコードの開示要求を行うのは以下の場合とします」というのは、作成者側の姿勢表明として別個にあるのは良いが「ライセンス」としてしまうとGPLではない
  • 「Progression 4 が、新規または既存のオーサリングソフトウェア等の機能の一部として同梱、頒布されている場合」とあるが、GPLにはそんな「制限」はない(単体の場合は請求しないとも読めてしまう。その意図がなかったとしても)。
  • 「Progression 4 の存在を前提としたサービス(コンサルティング業務、サポート業務、等)に利用されている場合」。たとえそのような場合であっても改変されたバイナリを保持していなければ、ソースコードの請求はできません。(できたとしても特定の目的の場合には云々というのはGPLと合致しません)。
  • 「その他、Progression コミュニティに有益ではない利用方法であると見做される場合。」…これも、たとえ有益ではない利用方法だと目されていても、改変されたバイナリを保持していなければソースコードの請求はできません
  • 開示請求を行わない場合、というので「商用・非商用を問わず、一般的な Web サイトやアプリケーション等の制作に利用されている場合。」…何が「一般的」なのかの線引きができないのでライセンス条項としては不適当です。また、そのような制限を課するのもGPLとは合致しません。
  • 「改変された Progression 4 パッケージを頒布せずに個人で利用する場合。」…頒布しなければ、個人であろうが企業であろうが、他の人はソースコードの請求はできません。請求できるのは「バイナリを保持している者」です。たとえ元の作者であろうとも、改変したバイナリを受け取っていなければ請求はできません(だからGPLベースの社内アプリケーションというのはあり)。

MIT ライセンスについても「※SWF ファイルにコンパイル後は著作権表示が確認できないため、Progression ではコンテクストメニューの該当項目から公式サイトにリンクすることによって、条件を満たしているとみなしています。」とありますが、バイナリで表示しなければならないのではなく、ソフトウェアのソースコードの重要な部分に表記があればいいので、MIT ライセンスじゃなくて宣伝条項つきBSDみたいになってます。いや、バイナリで表記しなければならないと考えている分余計縛りがきついかも。

そもそも「Progression 4 がソースコードの開示要求を行うのは以下の場合とします。」とあって、ソフトウェアが開示要求するわけないので、この部分から直さないといかんと思います。

追記:問題は認識されていて、別ライセンスを検討中とのことです。しかし、フリーソフトウェアではない要件だなぁ…


2009-09-19 [長年日記] この日を編集

竹本泉原画展

嫁の人と外出を兼ねて竹本泉原画展に行ってきました。
「俗・さよなら絶望先生」のエンドカードが嬉しかった。あと、やっぱりねこめーわくに目が行きました。百合子・シマシマ・クロフの組み合わせばっかりで出てこないヘンリヒが不憫 :-)

久々に買い物

通販で(個人的には大きな)買い物をしました。が、来週末まで届かないとのこと…気長に待ちましょう。


2009-09-20 [長年日記] この日を編集

menu (2.1.42) の changelog がシャレが効いてる

  * The "answer to life, the universe and menu" release.

trap hoge EXIT

trap hoge EXIT で終了時にコード実行。

debian-maintainers が debian-keyring に統合されていた

そのおかげで DDTP にひどい誤訳があったのを見つけた。査読できる人にはお願いしたい。

qa.d.o と DEHS にはタイムラグがあるな…

直接 DEHS 見る方がいい、というか RSS フィードが欲しい。


2009-09-21 [長年日記] この日を編集

sudo sh -c "hoge"?? と sudo "hoge" の違い

あー sudo sh -c "hoge" と sudo hoge だと挙動が変わってくるのか…

$ sudo cat > /opt/hoge << _EOF_
hoge
fuga
hoge
fuga
_EOF_ 
 
bash: /opt/hoge: 許可がありません

と sudo cat だとダメでしたが

$ sudo sh -c "cat > /opt/hoge << _EOF_
hoge
fuga
hoge
fuga
_EOF_"
[sudo] password for user:
$ cat /opt/hoge
hoge
fuga
hoge
fuga

とできました。この違いがどこから来ているのか、いまいち理解できてない…

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ tach [sudo cat > /opt/hosts < /etc/hosts の場合、リダイレクトを処理しているのは今起動し..]

_ Henrich [リダイレクトがユーザのシェルが処理してるのか…それでは無理だ…]


2009-09-23 [長年日記] この日を編集

基礎の基礎から学習したい

自分がコンピュータについてトコトン無知であるのに嫌気がさしている。「プログラム言語なんて、基礎ができてりゃ数日勉強すりゃどれでもできて当たり前」というエントリを見て、その言語の小手先も理解できてない自分としては俯くしかない訳で…

当然「勉強しろよ!」ということになる訳なのだが、さてどこから手をつけて良いのかがサッパリ分からない。さて初学者はどこから手をつけていくのが良いのだろうか。お分かりの方はお教えいただきたい…切に。

Free Software以外を「排除」したい訳ではない

うーん、僕はFree Softwareを支持するんだけど、それを以て「フリーではないソフトは存在してはいけない!」とまで叫んではいないです(RMS は違うかな?)

フリーではないソフトウェアが、単なる利用者であるユーザに益を生じさせることが多々あることは重々承知している(現状、WindowsやMacOSXを使って人々が素晴らしいものを多々生み出していること、あるいは日々の生活をおくっていることは肯定すべき事実だ)。単に「Free Softwareであるからといってソフトとして素晴らしいものではない」ことも承知している。

それでも「そのソフトがFree Softwareであること」については価値があると思っている。いつかどこかの誰かが生み出す価値の礎になるかもしれない可能性を潰さないでいてくれるから。

だから排除じゃなくて、肯定して可能性を少しずつ増やしていくことでFree Softwareが多くなってほしい。

だから、現状他システムを使っているユーザのニーズをもっと肯定して取り入れる形を生み出せないかなー

徒然。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ n [うーむ。「Free Software」の価値は揺ぎないものとして。 ユーザーの"工夫はするが根本を直そうとしない姿勢..]

_ Henrich [抽象的な話だと的を射ていない可能性が高くなるので難しいですが、ユーザ的なコストベネフィットの解が「"工夫をしてつかう..]

_ Henrich [世の中流転していくので、揺るぎないものではないです。時折自問自答すべき類だと思います<Free Softwareの価..]


2009-09-24 [長年日記] この日を編集

Adobe CMAP data is now available under FLOSS license!

細かいことは後で書くとして、とりあえずめでたい。

とっととpoppler-dataのバージョン上げてみるかと思ったら結構中身が困ったことになりそうなので、若干様子見…(質問しようにもsubscribe メールが帰ってこない?→埋もれてただけ)

一応先に書いておくと、0.2.1であったファイルが0.3.0だとなくなっていたりするのです。

--- poppler-data-0.2.1.cmap.txt 2009-09-25 01:30:38.000000000 +0900
+++ poppler-data-0.3.0.cmap.txt 2009-09-25 01:30:44.000000000 +0900
@@ -8,13 +8,10 @@
 78ms-RKSJ-V
 83pv-RKSJ-H
 90ms-RKSJ-H
-90ms-RKSJ-UCS2
 90ms-RKSJ-V
 90msp-RKSJ-H
 90msp-RKSJ-V
 90pv-RKSJ-H
-90pv-RKSJ-UCS2
-90pv-RKSJ-UCS2C
 90pv-RKSJ-V
 Add-H
 Add-RKSJ-H
@@ -27,14 +24,6 @@
 Adobe-Japan1-4
 Adobe-Japan1-5
 Adobe-Japan1-6
-Adobe-Japan1-90ms-RKSJ
-Adobe-Japan1-90pv-RKSJ
-Adobe-Japan1-H-CID
-Adobe-Japan1-H-Host
-Adobe-Japan1-H-Mac
-Adobe-Japan1-PS-H
-Adobe-Japan1-PS-V
-Adobe-Japan1-UCS2
 EUC-H
 EUC-V
 Ext-H
@@ -47,7 +36,6 @@
 Hojo-EUC-H
 Hojo-EUC-V
 Hojo-H
-Hojo-RKSJ-H
 Hojo-V
 Katakana
 NWP-H
@@ -55,8 +43,6 @@
 RKSJ-H
 RKSJ-V
 Roman
-UCS2-90ms-RKSJ
-UCS2-90pv-RKSJ
 UniHojo-UCS2-H
 UniHojo-UCS2-V
 UniHojo-UTF16-H

あとcopyright表記で年度がないのがあるのがちょっときになる。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ kmuto [いずれもAcrobatのCMapですね。 http://forums.adobe.com/thread/498388..]

_ Henrich [おー forum もあったのですね。 ちなみに「copyrightが無い」のは Adobeの物ではないんです、すい..]


2009-09-25 [長年日記] この日を編集

asunder のバグ

どうもながーいでタイトル名で作成する形にすると、ディレクトリ+ファイル名で256btye(255かな?)を越えた時点でエラーになっている。

ディレクトリ自体の長さはエラーにはならない長さで収まっているので、ディレクトリ作成→その中にファイルを作成という形であればエラーにはならないはず。

さて、どう説明したものか。

BSD style、と言いたくなるんだけどダメかなー

BSD licenseをベースに今回のAdobe CMAP のライセンスは書かれてるけど、最後に互換性についての意思表示があるんだよね。

Although the license associated with the CMap resources clearly allows changes to be made, we strongly discourage changes, especially when they affect existing mappings. This is for reasons of compatibility. We do welcome and encourage suggestions for additional mappings.

Adobe Glyph List For New Fonts

今回のcmap話の変更発端のAdobe Glyph List For New Fontsについて。メモ。

Why poppler-data 0.3.0 lacks some of file that was contained in 0.2.1?

Because some files in CMAP directory are NOT CMAP itself, but are "ToUnicode" files. They're same syntax but not cmap file. For more detail, see Ken Lunde's post in Freetype-devel.

As poppler-data package maintainer, I should stay with 0.2.1.

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ kmuto [main入りしたcmap-adobe-*については、BSD-like licenseになったとchangelogに書..]

_ Henrich [あれ、cmap-adobe-1 の README.Debian はそうなってないような?]


2009-09-26 [長年日記] この日を編集

GNOME 2.28 is released, and many Debian packages are also updated with that

For GNOME packages' status in Debian, see Status of GNOME 2.28 in Debian page. It's so useful to check its status.


2009-09-28 [長年日記] この日を編集

Ubuntu Magazine Japan創刊

Ubuntu Magazine Japan 表紙(個人的には「リアルダンボー」のイメージが強い)アスキーメディアワークスさんから、ムック本じゃない形で「Ubuntu Magazine Japan vol.01」が創刊されるそうです。表紙の女の子が相変わらずかわいらしい所をチョイスしていますね。9/29発売なので、もう売ってるかも?

特集記事も基本用語集からネットブック、9.10のプレビュー、ホームサーバや都合よくタイミングよくほぼ同時期発売となるシャープのNetWalkerまで、バラエティに富んだ内容となっている&ステッカーまで付けちゃってゴージャス!らしいです。

えーちなみに私は例のごとくによって全く関わっておりません(てへ)。なので後で買いに行ってみます。

routine work

check upstream release, get and build it, install in my enviroment and check if it works or not and check with pbuilder and piuparts (if install script is changed). That's all. And, lintian update would warn to me, then I'll fix them.

Sometimes upstream is dramatically changed, I check if it is okay (like poppler-data, recently).

test framework is important

Debian has "pbuilder" for cleanroom build, it detects problems with build machine specific problem by chroot. And piuparts finds maintainer scripts' problem. Until Squeeze release, we're trying to make "piuparts clean" package. It's tough thing, I don't know whether we can do it but try to do such thing is good and important to improve its quality.

Now I squashed 1 piuparts bug :)

upgrade and no compatibility nightmare

"sigh". I'm TOMOYO Linux packages maintainer in Debian (linux-patch-tomoyo and tomoyo-ccstools). Now, those packages' version are both 1.6.8 and 1.7.0. 1.7.0 was released about 2 weeks before.

It annoies me that there is NO compatibility with previous version. Yes, you must build your security profiles from scratch if you're using 1.6.x and want to upgrade to 1.7.0. It's a kind of nightmare for administrators... (1.7.0 is not stable one yet, though).

And for vanilla kernel from 2.6.30, TOMOYO is partially included with that. And you ought to use another userland tool (ver.2.2) for that (I don't upload it yet). AND, if TOMOYO development is going towards, that userland tool would lose comaptibility with previous one like above.

I'm afraid of that if 1.8.x or another version will be released, then compatibility will be lost as well. Then, it'll cost to me and users.

今日購入した本

Ubuntu Magazine Japanはまだ無かったので、あずまんが大王を買ってきた(日本語の使い方が変)。

あいきゃんのっとすぴーくいんぐりっしゅ、なう!


2009-09-29 [長年日記] この日を編集

Try to write in "Machine-readable debian/copyright" format

I tried to rewrite debian/copyright file in poppler-data package as "Machine-readable debian/copyright" mentioned.

But it's not easy, I should clear some things so I asked to that mailing list. Maybe they don't want to discuss such licensing issue, but I need it.

And one thing I don't understand is "BSD" license. There are 3 items.

BSD  	Berkeley software distribution license
NetBSD 	NetBSD Foundation’s (TNF) license
FreeBSD 	FreeBSD Project license

Umm?

BSD-style licenses

Now, NetBSD uses 2-clause BSD license (they used 4-clause in the past) and FreeBSD also uses 2-clause BSD license but they adds lines as below.

The views and conclusions contained in the software and documentation are those of the authors and should not be interpreted as representing official policies, either expressed or implied, of the FreeBSD Project.

And, how about OpenBSD? It is here, it's so simple.

Anyway, 2-clause BSD seems to be main for BSDs.

great work, Debian ftpmasters!

Today, I filled 4 tiny bugs about packages' section override, and after 11 hours, all of those bugs are fixed and closed. I'm happy because they respond so quickly.

And, as I see, today's Debian NEW and BYHAND Packages list is very short. There were 2 or 3 hundred packages that need to be checked by ftpmasters in the past. And now, it is less than 20! great.


2009-09-30 [長年日記] この日を編集

On Solaris?

fakeroot (1.13.1) unstable; urgency=low
 
  * Apply patch from U.V. Ravindra to use native htonll()/ntohll() on Solaris.
  * Apply patch from U.V. Ravindra to properly typecast uid_t/gid_t
    assignments.
 
 -- Clint Adams   Mon, 28 Sep 2009 21:19:21 -0400

Interesting changelog of fakeroot package, it might be for Nexenta (and OpenSolaris?), I guess.