«前の日記(2009-09-21) 最新 次の日記(2009-09-24)» 編集

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. Henrich (10-05)
  2. kmuto (10-03)
  3. Henrich (10-03)


2009-09-23 [長年日記]

基礎の基礎から学習したい

自分がコンピュータについてトコトン無知であるのに嫌気がさしている。「プログラム言語なんて、基礎ができてりゃ数日勉強すりゃどれでもできて当たり前」というエントリを見て、その言語の小手先も理解できてない自分としては俯くしかない訳で…

当然「勉強しろよ!」ということになる訳なのだが、さてどこから手をつけて良いのかがサッパリ分からない。さて初学者はどこから手をつけていくのが良いのだろうか。お分かりの方はお教えいただきたい…切に。

Free Software以外を「排除」したい訳ではない

うーん、僕はFree Softwareを支持するんだけど、それを以て「フリーではないソフトは存在してはいけない!」とまで叫んではいないです(RMS は違うかな?)

フリーではないソフトウェアが、単なる利用者であるユーザに益を生じさせることが多々あることは重々承知している(現状、WindowsやMacOSXを使って人々が素晴らしいものを多々生み出していること、あるいは日々の生活をおくっていることは肯定すべき事実だ)。単に「Free Softwareであるからといってソフトとして素晴らしいものではない」ことも承知している。

それでも「そのソフトがFree Softwareであること」については価値があると思っている。いつかどこかの誰かが生み出す価値の礎になるかもしれない可能性を潰さないでいてくれるから。

だから排除じゃなくて、肯定して可能性を少しずつ増やしていくことでFree Softwareが多くなってほしい。

だから、現状他システムを使っているユーザのニーズをもっと肯定して取り入れる形を生み出せないかなー

徒然。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
_ n (2009-09-24 00:13)

うーむ。「Free Software」の価値は揺ぎないものとして。<br>ユーザーの"工夫はするが根本を直そうとしない姿勢"を根本から解決する方法って何かないでしょうかねぇ。

_ Henrich (2009-09-24 05:55)

抽象的な話だと的を射ていない可能性が高くなるので難しいですが、ユーザ的なコストベネフィットの解が「"工夫をしてつかう姿勢"」なんじゃないですかね。<br><br>そもそも根本(というのが何なのかがすり合わせできてませんが)をいじくるのもメリット/デメリットが生じてくる場合がありますし。

_ Henrich (2009-09-24 06:03)

世の中流転していくので、揺るぎないものではないです。時折自問自答すべき類だと思います<Free Softwareの価値