最新 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2011-05-01 [長年日記] この日を編集

Ubuntu Font License 1.0 は DFSG 不適合じゃないの?という話

FTPMaster の話を見ると、definition 2 が問題だとか

So, the interesting part is §2, which is why it is listed last. And as a
short summary: We think that aspects of this section make the license
unsuitable for works in Debian main.
Taking §2b first.  This subsection is in itself ok, DFSG 4 does allow to
require a different name for a distribution of modified version,
although "similar names" seems to be a bit of a gray area.
The major issues arise in subsections §2a and c.  These two subsections
include between them an invariant section. This type of invariance is
not something covered by DFSG 4. DFSG 4 tries to allow a copyright
holder to say "If you change foo, you must not call it foo", but does
not have similar provisions to allow a copyright holder to say things
such as "You must not call foo by any other name" or "If you change foo,
the name you must use is bar".  Especially noting the parenthetical
statement at the end of DFSG 4, we don't believe it would be in the
spirit or intent of the DFSG to make the leap that would be required to
say that §2a and c are allowed by this clause.  The vote[0] taken by the
Debian project relating to the GFDL also reinforces the project's
dislike for invariance in main.  It is also unclear as to whether "font
name" refers to the name of the font file on disk, the package name,
some form of internal font name or a combination of these.  If the
reference is to the name of the font file or the internal font name,
this becomes a restriction on how you can modify the software, which
also fails to comply with DFSG 3.
Additionally §2c states exactly how you must change the name to follow
the license, which will cause issues if you want to combine multiple
fonts licensed using this license into a new derivative work, possibly
even making this impossible.  This on its own is not a reject reason.

2011-05-04 [長年日記] この日を編集

ttf-/otf- な名前から fonts- への移行

フォントパッケージを徐々にですが fonts- なパッケージ名に移行し始めました。
過去のパッケージ名は Provides で提供しているので、同じように引っ張れます。


2011-05-09 [長年日記] この日を編集

そういや5/4でDD二年生になっていた

きょうは、はじめて ますたー に あくせすしました。

backports keyring への追加申請

backports のページを見ると、rtへの申請が必要とな。はて、IDとパスワードが…と思ったら、Wikiで master の下にパスワードがあるというのが確認できた。で、説明に従って SSH 鍵を登録して master にアクセス、無事パスワードゲットして申請したのでした。


2011-05-13 [長年日記] この日を編集

eglibc 2.13-3 が地雷らしい

-4 で直ってるから、それ待ちで。


2011-05-15 [長年日記] この日を編集

訳訳

珍しくインストールマニュアルなどをみて未訳部分を発見したのでその対応など。
あと、po-debconf更新は、debian-doc メーリングリストに投げてるとおりです。


2011-05-21 [長年日記] この日を編集

Debian勉強会に行ってきた

この日のエントリをすっかり忘れていた。
外国の雰囲気がする新大久保駅からそこそこ歩いて、昭和の香りがする会場へ。

  • Debian クイズ(あまりに偏っているので nif の人が悶絶していた。Debian Project News とか見ていると分かる問題ではある)
  • 上川さんによる Apache2 モジュール作ったよ、という話(色々フェイルセーフな機構があるのでモジュール作って実行するとき面倒というのしか頭に残っていない。。。)
  • Nifty Cloud で Debian(デフォルトで提供するイメージは最小限で、ローカルにミラーがあると色々うれしいだろうという話になった、ような)
  • m68k port の話 by 岩松さん(エミュレーター必須。qemu じゃなくて Atari な名前の奴…なんだっけ、使うとか)
  • ppc64 porting の話 by 山本さん(フルボッコな気が)

2011-05-23 [長年日記] この日を編集

jd_2.8.1-110312-1~bpo60+1_amd64.changes is NEW

backports に放り込めるようになりましたので、要望が多かった JD を入れました。

aliothが別サーバに入れ替わった

vasks と wagner というサーバに入れ替えられた。で、ssh の known_hosts を入れ替える必要が出てきたのですが、コマンドを思い出せなかった。
複数の人から教えて貰いました。

ssh-keygen -R "hostname"

2011-05-24 [長年日記] この日を編集


2011-05-25 [長年日記] この日を編集


2011-05-26 [長年日記] この日を編集

FTBFSつぶし

もう起きなくなっているようなので、以下をクローズ。


2011-05-28 [長年日記] この日を編集

DEHS が死んでる

debian/watchファイルを見て、upstream のバージョンチェックをしてくれる DEHS が「Db error」とでて死んでるので報告してみた。が、反応なさそうだなぁ…


2011-05-31 [長年日記] この日を編集

菅野よう子の「NHKスペシャル中国12億人の改革開放(オリジナル・サウンドトラック)」がMP3で手に入るようになっていた

AmazonのMP3ダウンロードでNHKスペシャル中国12億人の改革開放(オリジナル・サウンドトラック)が手に入るようになっていた。
既に廃盤だし、オークションなどでは高値だったのでうれしい限り。