最新 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. うわばみ (11-27)


2012-11-16 [長年日記] この日を編集

Impressでboldが何重にもなる件→治ったらしい

2年半前にOOoに登録したのと同じ問題が、 LibO の Impress で治ったようです。素晴らしい、めでたい。


2012-11-25 [長年日記] この日を編集

boost::filesystem2 への参照が undefined reference になる件

これは

Index: iwhd-1.6/configure.ac
===================================================================
--- iwhd-1.6.orig/configure.ac  2012-11-25 23:32:44.000000000 +0900
+++ iwhd-1.6/configure.ac       2012-11-25 23:32:44.000000000 +0900
@@ -118,6 +118,7 @@
 AX_BOOST_BASE
 AX_BOOST_SYSTEM
 AX_BOOST_THREAD
+AX_BOOST_FILESYSTEM
 
 AC_ARG_ENABLE([gcc-warnings],
   [AS_HELP_STRING([--enable-gcc-warnings],
Index: iwhd-1.6/Makefile.am
===================================================================
--- iwhd-1.6.orig/Makefile.am   2012-08-04 05:15:11.000000000 +0900
+++ iwhd-1.6/Makefile.am        2012-11-25 23:44:35.882035420 +0900
@@ -185,6 +185,7 @@
   -lmongoclient                \
   $(BOOST_SYSTEM_LIB)  \
   $(BOOST_THREAD_LIB)  \
+  $(BOOST_FILESYSTEM_LIB) \
   $(CURL_LIB)          \
   $(JANSSON_LIB)       \
   $(OAUTH_LIB)         \

のようにconfigureでAX_BOOST_FILESYSTEMを展開するようにして、$(BOOST_FILESYSTEM_LIB)を明示的にリンクするようにしたら通った。

ヒントになってくれたのは、configure.acにあった # from http://www.gnu.org/software/autoconf-archive/ というコメント。ありがたい。

テストがエラーになってしまう

make[5]: Entering directory `/tmp/iwhd-1.6/t'
  GEN    prereq
PASS: parse-test
FAIL: basic
FAIL: creation-code
FAIL: delete-missing
FAIL: exercise
FAIL: mongo-restart
FAIL: provider
FAIL: put-attr-on-nonexistent-object
FAIL: replication
PASS: timeout
FAIL: auto
FAIL: registration
FAIL: oauth
============================================
11 of 13 tests failed
See t/test-suite.log
Please report to iwhd-devel@fedorahosted.org
============================================

てな感じでpbuilderがこける。別途chrootした環境を作ってそちらでログを確認したのだが、もっとお手軽な方法があるような気もする。hookスクリプトかな?


2012-11-26 [長年日記] この日を編集

rpm/sysconfig を前提にしている…

mkdir -p /tmp/iwhd-1.6/debian/iwhd/etc/sysconfig
/usr/bin/install -c -m 644 ./iwhd.sysconfig /tmp/iwhd-1.6/debian/iwhd/etc/sysconfig/iwhd
mkdir -p /tmp/iwhd-1.6/debian/iwhd$(case $(rpm --eval '%{_unitdir}'):/usr in /lib/systemd/system:/usr) ;; *) echo '/usr';; esac)/lib/systemd/system
/bin/bash: rpm: command not found
/usr/bin/install -c -m 644 ./iwhd.service /tmp/iwhd-1.6/debian/iwhd$(case $(rpm --eval '%{_unitdir}'):/usr in /lib/systemd/system:/usr) ;; *) echo '/usr';; esac)/lib/systemd/system/iwhd.service
/bin/bash: rpm: command not found

rpmとsysconfig既定の動きはうれしくないなー

gem2deb 初めて使う

rake とか必要なパッケージは初めて。ruby-rspecパッケージを真似てみたのだが、カーゴカルト臭がしているのは自分でも気になる。
debian/rules で --buildsystem=ruby --with ruby したのが通らなかったので、こちらを真似て debian/require-rubygems.overrides なるファイルで require 'rubygems' 回りを無視するようにした。

もう一度見直そう。。。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ うわばみ [wiki にまとまってますが、require rubygems は極力 quilt で patched-out する..]