最新 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2014-01-08 [長年日記] この日を編集

作業メモを残すようにしよう…

昔何かやったような記憶があるのだが思い出せなくてジタバタすることが多いので。

今日のパッケージ作業。
apt-get sourceでsourceを取ってきてパッチを作るまで作業したところで、vcsの方にpushした方がいいことに気づいた。

debcheckoutでsourceを取ってきて、とりあえずgbp buildpackageするもpristine-tarブランチが無い。svnからimportしたから作られていなかった様子。gpb.confにオプションを追加してあるので、gbp import-orig してpristine-tarブランチを作った。import自体は既にupstreamブランチがあるので失敗するが無視した。

$ apt-get source hoge; cd hoge-1.0
(ごそごそと作業、ビルドできるとこまで確認
$ cd ../; debdiff hoge_1.0-1.dsc hoge_1.0-2.dsc > hoge.patch
(ここでvcsの存在を思い出す
$ debcheckout hoge; cd hoge
$ git checkout upstream; git checkout master
$ gbp buildpackage
(失敗
$ gbp import-orig ../hoge_1.0.orig.tar.xz
(失敗するが、prisitine-tarブランチは作られた
$ git checkout -b henrich
$ patch -p1 < ../hoge.patch
$ git add -u
$ git commit -m "apply hoge.patch"
$ gbp buildpackage --git-ignore-branch
$ git checkout master
$ git merge henrich
$ gbp buildpackage 
$ git branch -d henrich
$ gbp buildpackage --git-tag-only

てな感じで作業してた。で、pushしようとしたらdebcheckoutしたのはanonymous gitなので、sshでpushできないわけで。

[remote "origin"]
        url = git://anonscm.debian.org/pkg-hoge/hoge.git

.git/configの上記のようになっているのを書き換えたんだけど、もっとスマートなやり方があるような気がする…

なぜかorig.tar.gz参照できない

henrich@hp:~/src/pkg-fonts/libspiro(master) $ gbp buildpackage 
dh clean --with autotools-dev,autoreconf
   dh_testdir
   dh_auto_clean
   dh_autotools-dev_restoreconfig
   dh_autoreconf_clean
   dh_clean
gbp:info: Orig tarball 'libspiro_20071029.orig.tar.gz' not found at '../tarballs/'
Use of uninitialized value $_[0] in substitution (s///) at /usr/share/perl/5.18/File/Basename.pm line 341.
fileparse(): need a valid pathname at /usr/bin/pristine-tar line 417.
pristine-tar: failed to generate tarball
gbp:error: Couldn't checkout "libspiro_20071029.orig.tar.gz": /usr/bin/pristine-tar returned 255
henrich@hp:~/src/pkg-fonts/libspiro(master) $ git checkout 
FETCH_HEAD            ORIG_HEAD             debian/20071029-3     debian/20071029-5     debian/20071029-7     master                origin/master         origin/upstream       upstream 
HEAD                  debian/20071029-2     debian/20071029-4     debian/20071029-6     debian/20071029-8     origin/HEAD           origin/pristine-tar   pristine-tar          upstream/20071029 
henrich@hp:~/src/pkg-fonts/libspiro(master) $ git checkout pristine-tar 
Switched to branch 'pristine-tar'
Your branch is up-to-date with 'origin/pristine-tar'.
henrich@hp:~/src/pkg-fonts/libspiro(pristine-tar) $ git checkout master 
Switched to branch 'master'
Your branch is ahead of 'origin/master' by 1 commit.
  (use "git push" to publish your local commits)
henrich@hp:~/src/pkg-fonts/libspiro(master) $ ls ../tarballs/libspiro_20071029.orig.tar.gz
../tarballs/libspiro_20071029.orig.tar.gz

../tarballs/なディレクトリにファイルはあるし、pristine-tarブランチもあるんだけど、なぜか失敗する。


2014-01-12 [長年日記] この日を編集

gbp import-origでupstream sourceにdebianディレクトリがある場合

そのままだとぶつかっちゃうね。どうするのが良い?

fontforgeのビルド

Summary of optional features:
 
  real (floating pt)	double
  programs		yes
  native scripting	yes
  python scripting	yes
  python extension	yes
  freetype debugger	no
  capslock for alt	no
  raw points mode	no
  tile path		no
  gb12345 encoding	no
 
Summary of optional dependencies:
 
  cairo			yes  	http://www.cairographics.org/
  giflib		yes  	http://giflib.sourceforge.net/
  libjpeg		yes  	http://en.wikipedia.org/wiki/Libjpeg
  libpng		yes  	http://www.libpng.org/
  libtiff		yes  	http://en.wikipedia.org/wiki/Libtiff
  libxml		yes  	http://www.xmlsoft.org/
  libspiro		yes  	https://github.com/fontforge/libspiro
  libuninameslist	yes  	https://github.com/fontforge/libuninameslist
  libunicodenames	no  	https://bitbucket.org/sortsmill/libunicodenames
  zeromq (libzmq)	no  	http://www.zeromq.org/
  libreadline		no  	http://www.gnu.org/software/readline
  • libunicodenamesはパッケージがまだ無い。upstreamはパッケージを提供している様子
  • libzmqはconfig.logを確認した所「" libczmq >= 2.0.1 libzmq >= 4.0.0 "」だった。libzmq3までしかないな…
    →とりあえず4.0.3持ってきてパッケージができるとこまでした
    →…が、libzmq.so.3を生成している。libzmq.so.4じゃないんかい!
    →どうするのがいいんかね。。。
  • libreadlineはすんなり入った

ということで、fontforgeアップデートしただけでlibunicodenamesとlibzmqをどうするかという問題を頂いてきた、という…泥沼じゃんか orz

ruby-gnome2パッケージも古い

何してたか忘れるのでメモを。。。

  • なんかtwitterの仕様がまた変わるんだって
  • mikutterってどうなんだっけ→testingから消されてる
  • 依存先のruby-gnome2にRCバグ
  • というかどう見ても古すぎる。新しいのにしてみるか
  • そして依存するgoocanvasも古い。
  • まずはgoocanvasを手元で新しくした
  • ruby-gnome2パッケージの最新を手元で作った
  • …しかし、ruby1.9.1でのビルドに失敗するという。理由がまだ分かってない。

そうか、ruby1.9.1での不具合をどうしようか、と思っていたのだった。で、もうサポート終了宣言でてるし、ruby2.1でてるんだし、ruby2.1を何とかする方がいいんじゃない?と思ったのだった。で、build logのdiffを取って眺めていたら…アレ?

@@ -476,10 +467,10 @@
    dh_prep
    debian/rules override_dh_auto_install
 make[1]: Entering directory `/tmp/buildd/ruby-gnome2-2.1.0'
-debian/build ruby1.9.1
-I: Building with ruby1.9.1
+debian/build ruby2.0
+I: Building with ruby2.0
 I: libdir  = /usr/lib/ruby/vendor_ruby
-I: archdir = /usr/lib/ruby/vendor_ruby/1.9.1/x86_64-linux
+I: archdir = /usr/lib/x86_64-linux-gnu/ruby/vendor_ruby/2.0.0
 I: DESTDIR = /tmp/buildd/ruby-gnome2-2.1.0/debian/tmp/
 extconf.rb: Entering directory `glib2'
 checking for -Wall option to compiler... yes

なんで archdirでこんな違い?


2014-01-13 [長年日記] この日を編集

xfonts-efont-unicodeパッケージへのバグをreassign

Bug#734263, 734264、 古いパッケージを使った再現試験がsnapshot.debian.orgのおかげで楽にできた。

今日の作業(その他)

マンガ読んでてほとんど何もしなかった…

  • fonts-kacst-oneをgit repoに作って過去のバージョンを放り込み、lintian warningなどを修正、put
  • fonts-kacst...はmultiple upstream tarballだった。どうするかな。。。
  • jcodingsが他の人が手当てをしていたので取り込んでput
  • fonts-unfonts-coreをmulti-arch: foreign設定。

2014-01-14 [長年日記] この日を編集

未来日記(別名todo)→結果

  • xgridfitの更新→done
    lintian errorが追加されていてちょっと戸惑った&gitに四苦八苦してた(svnからコンバートしてgit repoも作っといた)
  • Bug#688387 の調査
    →done
  • fonts-mikachanをgit repoにいれて、multi-arch修正、Vcs-*修正
    →やっぱりmultiple upstream sourceを取り扱えないのでとりあえずmulti-arch対処だけ。
  • fonts-unfonts-extraをmulti-arch修正
    →done
  • fonts-kacstをput
    →done
  • その他直せそうなlintian warningを修正
    →むりぽ

2014-01-15 [長年日記] この日を編集

未来日記(別名todo)→結果

  • fonts-sawarabi-minchoの更新を実施。
  • jcodingsが他の人が手当てをしていたのをちゃんとマージする
    →とりあえず不格好ながらできた。

2014-01-16 [長年日記] この日を編集

jdのbuild-depends修正→不要だった

libgcryptが上がっているようなのでそっちを。

あーlibgnutls-devの方から引っ張ってるのでそっちが上がったら、ですね。

今日の作業


2014-01-17 [長年日記] この日を編集

今日の作業

バグ整理は続く。

  • Bug#163473(およびマージされていた163472)をclose
  • Bug#618568は新しいバージョン待ちなので、そちらのblockバグにした
  • Bug#642596の調査。どうやらupstreamが移転→再度CTANに戻った、という感じのようだ。問題はパッケージ名だけど、どうしよう、ということでチームに相談メールを出した。
  • Bug#671739を処理。

2014-01-18 [長年日記] この日を編集

未来日記(別名todo)


2014-01-26 [長年日記] この日を編集

uscanの挙動が変わったようだ

  uscan now looks for upstream's keyring under debian/upstream/ as either
  signing-key.pgp or, for an armored keyring, signing-key.asc.  The previously
  used location, debian/upstream-signing-key.pgp, will be checked as a last
  resort for a transition period.