最新 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2014-03-01 [長年日記] この日を編集

今日のDebian作業

  • バグ潰した x2
  • バグ潰した x1
  • バグ直ってるのを確認して閉じた x2
  • CVEのパッチをupstreamのgitでとってきて当ててビルド出きるのを確認してパッケージのgitにpush、メンテナにその旨連絡した
  • upstreamが脆弱性を直したバージョンを出しているのを確認、アナウンスからsqueeze,wheezyには影響がない旨を得たのでsecurity-trackerをアップデートしてBTSに影響範囲のバージョンタグなどを打ち直した
  • でupstream releaseをimportしてビルドしようとしたらビルドエラーになるので途方に暮れている…
  • 雑誌記事を書いていて念のため動作検証したらjdのbackportsがちゃんとwheezy環境でビルドで来てなかったのを発見 orz
    →バージョンをあげてビルドし直してdput

OSCいって家に帰ってきてからの作業にしては上出来かな。


2014-03-20 [長年日記] この日を編集

java-packageでOracle Java8をdebパッケージにする

あ、いつのまにかJava8がリリースされていたようです。そんなに話題になってないな…。

で、Debianにはjava-packageというOracle Javaをdebパッケージに変換してくれるツールがあるので、これを見てみると、パッケージの説明文では8対応となっているんだけど、コマンドのmake-jpkg --helpすると7までになってるわけです。まぁ多分更新し忘れだと思いますが、念のためちゃんと動くかどうかを確かめてみました。

  1. まずはOracleのサイトでtarballをダウンロードします。今回はJDK8で、「jdk-8-linux-x64.tar.gz」を選びました(多分今時これ以外選ぶことないと思うんですが)
  2. make-jpkgでダウンロードしたファイルを指定して変換するだけ。途中1回「y」を入力、あとはEnterキーを1回だけ。
    henrich@hp:/tmp $ make-jpkg ~/ダウンロード/jdk-8-linux-x64.tar.gz 
    Creating temporary directory: /tmp/make-jpkg.4ksVGl9hRI
    Loading plugins: /usr/share/java-package/common.sh /usr/share/java-package/javase.sh /usr/share/java-package/jdk-doc.sh /usr/share/java-package/jdk.sh /usr/share/java-package/jre.sh /usr/share/java-package/oracle-jdk-doc.sh /usr/share/java-package/oracle-jdk.sh /usr/share/java-package/oracle-jre.sh
     
    Detected Debian build architecture: amd64
    Detected Debian GNU type: x86_64-linux-gnu
     
    Detected product:
        Java(TM) Development Kit (JDK)
        Standard Edition, Version 8 GA
        Oracle(TM)
    Is this correct [Y/n]: y
     
    Checking free diskspace: done.
     
    In the next step, the binary file will be extracted. Probably a
    license agreement will be displayed. Please read this agreement
    carefully. If you do not agree to the displayed license terms, the
    package will not be built.
     
    Press [Return] to continue: 
     
     
     
    Testing extracted archive... okay.
     
    Create debian package:
        dh_testdir
        dh_testroot
        dh_installchangelogs
        dh_installdocs
        dh_compress
        dh_fixperms
        dh_installdeb
        dh_shlibdeps
    dpkg-shlibdeps: warning: can't extract name and version from library name 'libjli.so'
    dpkg-shlibdeps: warning: can't extract name and version from library name 'libjli.so'
    (同様のwarningが大量に出てくるので中略)
    dpkg-shlibdeps: warning: package could avoid a useless dependency if /tmp/make-jpkg.4ksVGl9hRI/install/usr/lib/jvm/jdk-8-oracle-x64/jre/lib/amd64/libprism_es2.so was not linked against libXxf86vm.so.1 (it uses none of the library's symbols)
    (同様のwarningが ry)
        dh_gencontrol
        dh_md5sums
        dh_builddeb
    dpkg-deb: `/tmp/make-jpkg.4ksVGl9hRI/oracle-java8-jdk_8_amd64.deb' にパッケージ `oracle-java8-jdk' を構築しています。
        copy oracle-java8-jdk_8_amd64.deb into directory /tmp/
     
    The Debian package has been created in the current directory.
    You can install the package as root with:
     
        dpkg -i oracle-java8-jdk_8_amd64.deb
     
     
    Removing temporary directory: done
  3. 最後、dh_builddebでパッケージ生成するまでに2、3分ぐらいジーッと待つ羽目になりました。長い…。

注意点は…なにもありませんね。--helpオプションは直しておきます。


2014-03-27 [長年日記] この日を編集

linux-imageパッケージの更新でエラーでてる

linux-image-3.13-1-amd64 (3.13.7-1) を設定しています ...
/etc/kernel/postinst.d/apt-auto-removal:
dpkg: 警告: バージョン 'amd64' は不正な構文です: バージョン番号が数字から始まっていません
/etc/kernel/postinst.d/initramfs-tools:
update-initramfs: Generating /boot/initrd.img-3.13-1-amd64
W: Possible missing firmware /lib/firmware/rtl_nic/rtl8168g-3.fw for module r8169
(snip)
/etc/kernel/postinst.d/zz-update-grub:
Generating grub configuration file ...
Found background image: /usr/share/images/desktop-base/desktop-grub.png

なんじゃこりゃ


2014-03-30 [長年日記] この日を編集

netbeanのrepositoryをcloneした

wiki.netbeans.orgの指示どおりに。bitbucketの方で最初やったのだが、何故かエラーになってしまって…。

特定タグのtarballがとれれば良かったのだけど、サイズが大きすぎるのでbitbucketからエラーになってしまったので仕方なしにcloneという。

yumからDNFというのに変わる、らしい。

dnfというのがあるのか。FedoraのWikiも。libsolvというのを使っているらしい?

upstreamブランチがなくてgbp import-origできなかったとき

メッセージにあるとおり、file:///usr/share/doc/git-buildpackage/manual-html/gbp.import.html#GBP.IMPORT.CONVERT を参照したら解決方法が。

    git checkout --orphan upstream
    git rm -rf .
    git commit --allow-empty -m 'Initial upstream branch.'
    git checkout -f master

として空のupstreamブランチを作ってやればいい。で、現在作業しているバージョンのupstream tarballを指定してやらないと、conflictするので注意。

net-snmp更新

 net-snmp (5.7.2.1~dfsg-1) experimental; urgency=medium
 .
   * New upstream release
     - fix DoS on ICMP-MIB as CVE-2014-2284 (Closes: #742817)
   * Ack NMU (Closes: #717419)
   * debian/patches
     - add add_rocommunity6.patch to fix snmpwalk using ipv6 (Closes: #717179)
     - add fix_manpage-has-errors-from-man.patch
     - add agentx-crash.patch, taken from Fedora package. It fixes CVE-2012-6151
       (Closes: #731625)
     - add TrapReceiver.patch to fix CVE-2014-2285
   * debian/control
     - set Standards-Version: 3.9.5
     - add "Build-Depends: libpci-dev" to enable libpci function that was
       introduce in 5.7 (Closes: #741504)
   * debian/libsnmp-dev.install
     - add missing net-snmp-create-v3-user (Closes: #726158, #718988)
   * debian/upstream/signing-key.asc
     - check upstream PGP key
   * debian/rules
     - add etherlike-mib/dot3StatsTable (Closes: #729732, LP#1251847)
   * debian/snmpd.init
     - relax start-stop-daemons avoid restart daemon before it terminates.
       Thanks to Saj Goonatilleke  for the
       patch (Closes: #640456)
   * debian/snmpd.postinst
     - fix weird user creation (Closes: #482041, #589040, #606784, #610630)
   * debian/snmpd.postrm
     - remove unnecessary old /var/agentx/master directory with purge
       (Closes: #728546)
   * debian/snmp.install
     - move traptoemail to snmptrapd.install releated to above changes
   * debian/{snmpd,snmptrapd}.default
     - fix pid diretory
   * debian/README.Debian
     - note snmpconf is in snmp package (Closes: #577649)

湯治の間にtriageしたのとかをmergeしたら多かった。パッケージ分割でNEW queue入りするだろうから結構かかるだろうな…

…と書いてたらlintian errorでrejectされたよ。oh...

E: snmptrapd: malformed-override Override of non-standard-file-perm for package type snmpd (expecting binary) at line 1
E: snmptrapd: no-copyright-file

cowbuilder実行時にlintian hook噛ましているんだけどな?と思ったら、別のパッケージのビルドチェック時の都合で一時的にリネームしてdisableにしてたのでした。。。